キャビ活|痩身エステへ行こう!

キャビテーションによる痩身エステについてまとめたサイト
未分類

仕組み

2017年5月19日

脂肪細胞を刺激し、破壊してしまうと言われるキャビテーション。でこぼこしたセルライトが気になる人には強い味方です。部分痩せの定番器具ですが、どのような仕組みなのでしょうか。

キャビテーションは、18~40khz程度の超音波で脂肪細胞のなかに水泡を作って細胞膜を破る仕組みです。脂肪細胞が破れると、その中にある中性脂肪が出てきます。キャビテーションによる施術を受けて流れた中性脂肪は、液状化したあとに肝臓を通って、尿といっしょに身体の外へ出ていきます。

ただし、キャビテーションをしただけでは、一時的にスタイルがよくなっても元通りになってしまう可能性が高いです。壊れた中性脂肪をそのまま放置すると、他の脂肪細胞が吸収するため、痩身エステの効果を発揮できません。きちんと中性脂肪を燃やすか、身体から流すことが大切です。キャビテーションのあとにハンドマッサージをするのは、このような理由があります。

脂肪細胞を破壊すると聞くと、他の臓器や筋肉にも影響があるのではないかと不安に思うかもしれません。しかし、キャビテーションが発する超音波の周波数は、脂肪細胞だけに届きます。健康上の重大な問題が発生したケースはないようなので、安心して利用しましょう。

関連サイト……痩身エステの体験プランがあるTakano Yuri Beauty Clinic公式サイトです。